松山武道具の剣道具は、成武舘道場で子供たちが使用しています。

剣道を通じて精神力・技術・体の成長だけではなく、礼儀作法や友情、学力も大切に教えている剣道道場です。

司馬遼太郎の長編歴史小説『坂の上の雲』のまち、愛媛県松山市の中心部に位置する毘沙門坂の一角で、平成元年に設立されました。


作品の如く、登って行けばやがてはそこに手が届くと思い登って行った先人達のように、数々の大会でタイトルや栄冠を手にしております。

成武舘道場のロゴ